キクの育て方|【育て方が大切】古くから愛されるキクを栽培しよう

キクは育てるのが簡単な植物ですが適切に育てる必要があります

キクの育て方

じょうろ

植え付けと肥料

植え付けの土選びや肥料選びは、どれを選んでいいか迷う場合が少なくありません。そういう時は、キク専用の土や肥料を使うようにしましょう。キクは人気の花ですので、園芸用品店ではキク用の土や肥料をあつかっているところが多くあります。

剪定は重要な作業

手入れの一つではありますが、剪定はキクの育て方の中でも重要な工程です。やるのとやらないのでは育ち方に大きな差が出てしまいますので、伸びすぎた茎はこまめに切るようにしましょう。

開花までしっかり育てよう

開花まで丁寧に育てることで、キクはその労力に応えてくれるかのように華やかに咲き誇ります。努力が報われる瞬間でもありますので、開花を目指してしっかりと手入れをしてあげましょう。

キクを育てる上での疑問

鉢植えと地植えどちらがいいか

キクは鉢植えにも地植えにも対応している花です。地植えの場合は日当たりと水はけを意識して植える場所を選ぶようにしましょう。

肥料はどういったものを与えたらいいか

メジャーな花なので、園芸用品を扱っているお店にはよくキク専用の肥料というものが販売されています。自身で肥料を作るという方法もありますが、配合などが難しいため購入して利用するのが無難です。

植え替えは必要か

多年草であるため、そのまま育てていくことはできます。しかしながら同じ場所で育て続けていくことにはデメリットがあります。病害虫の被害を受けやすくなってしまいますので、地植えでも鉢植えでも年1の植え替えを行いましょう。

受付の最適な期間はいつか

菊を植える際の最適な期間は、地植えの場合5月から6月です。種まきから始めると2月あたりが最適とされています。鉢植えで室内管理の場合は室温の調整が必要となりますが、その場合は時期を選ばすに育てていくことができます。

どの大きさの菊がおすすめか

大菊は専門的な知識も必要となってくるため、こだわりがない場合や慣れていない場合は小菊や中菊から始めるようにしましょう。小菊や中菊は育てやすい部類の植物です。